トレードノートについて教えてください。

サラリーマンの方から非常に重要な質問をいただきました。質問内容は以下の通りです。↓↓↓(クリックすれば拡大します)

2点目の質問の「トレード時間について」は、こちらの記事をご覧ください。

 

この記事では、トレードノートの必要性とつけ方について回答したいと思います。「検証方法」については、長くなったので次回の記事で書きます。

検証方法について

トレードノートの必要性について

トレードノートとは、ノートに売買ポイント、エントリー根拠、マインドなどを書き留めて反省するものです。

 

結論から言うと、「必要か不要かはその人の自由で良い」と思います。つけれる人はつければいいし、メンドクサイと思う人はつけなくてもよいと思います。トレードノートをつければ絶対に勝てるようになるという根拠もないので…

 

でも、個人的にはトレードノートは結構重要だと思います。そして、つけるなら単純に履歴を残すだけではダメですね。正直言ってナンセンスです。「つけ方」に少し工夫点が必要です。

まさじろー式トレードノートのつけ方

ここで私のトレードノートのつけ方をご紹介します。準備するものは…

  • 大容量HDD
  • ノート
  • PC画面を録画できるソフト(win10なら「windowsキー+G」、macならQuicktimeで十分)

です。

手順

  1. 録画ソフトを起動
  2. ザイFXの指標カレンダーを録画
  3. 相場分析を行い通貨を選択
  4. 根拠を話しエントリー
  5. エントリーしてから決済までの考えを話す
  6. 根拠を話し決済
  7. トレードの反省を話す
  8. HDDに保存しておき、時間があるときに動画を見直す
  9. 必ず「アッ」と思えるポイントがあるので、それをノートに記録する

これだけです。

 

ポイントは、トレードしてもしなくても録画するということです。つまり、その日のチャートの動きをすべて録画するということです。

 

色んな方のブログを拝見してみると、トレードノートをつけている方を結構見かけます。ノートで記録している人、私のように動画で保存している人、ブログに残している人…しかし、共通しているのが「自分がトレードした記録のみ」になっているということです。

 

それだけでは…

  • 見逃したポイント
  • もっと良かった通貨

などがわかりません。ましてノートだとローソク足の勢いなども記録できないので全く意味がないと、私は思います。

 

「その日のチャートをすべて記録する」…気付けることが非常に多い方法ですよ(*^^)v「いいな」と思ったら、ぜひ試してみてくださいね。

 

回答になっているかわかりませんが、以上になります。質問ありがとうございました。次回は「検証方法について」書きます。そちらもご覧ください。

まさじろー式検証方法とは?