私が考える、資金管理における重要な3つのポイント

FXにおいて「資金管理」は一番重要だと私は考えています。しかし、私の資金管理は巷の資金管理とは違います。むしろ全く逆だと思います。

 

「資金管理さえちゃんとやればお金は減りませんよ」と言っている方もいますが…ではなぜ、”常識”とされている資金管理をしているのに9割の人が資金を減らしてしまうのでしょうか?

 

この記事を読めばなぜ減るのか?増えないのか?それが分かると思います。

1.手出しリスクを徹底的に減らすこと

私の資金管理法は、手出し資金(初期投資資金)を徹底的に減らすことです。

 

巷では、「10万円スタート」というのが通例になっているようですが、私の場合、数千円~1,2万円などの少額資金を初期投資資金としています。実際に投資額13,000円を2週間で266万円に爆増させました。

詳細はこちら

2.FXの最大の旨味を最大限に生かすこと

FXの最大の旨味は「レバレッジ」にあると私は思います。

 

少ない資金に対してレバレッジをかけて多くの資金を運用できるのがFXであり、それが最大の旨味です。この旨味を最大限に生かすことが勝っていくためには重要なポイントだと私は思います。

 

一方、巷の資金管理法の常識とされているのが「低レバレッジ運用」です。低レバレッジ運用とは……元金に対して1~2%の少ないリスクを取り、トレードすること。

 

その非効率さに全く気付かず、多くのトレーダーが低レバレッジ運用を常識と考え、少ない資金をコツコツと運用している現状があります。(私も昔はそうでした)

 

現在、私は元金に対し50~60%のリスクを取ってトレードしています。こちらのほうが早く目標金額に到達できますし、一度勝って元金分を引き出せばノーリスクになります。詳しくは下の表をご覧ください。

3.リスクリワードよりも勝率を重視

「勝率よりもリスクリワードが重要ですよ!期待値が大事ですよ!」と言っている方も多いですが、私はそうは思いません。

 

FXでお金を増やすためには、元金を減らさないことが重要と私は思います。つまり勝率です。

 

以前、リスクに対してリワードを3倍くらい取るトレードをしていました。詳しく言うなら、3倍くらい取れそうな相場でトレードしていました。逆に言えば、2倍くらい取れそうな相場、1:1でもここまでは絶対に上がる・下がるという相場を見過ごすことも多かったです。

 

でも、相場ってリワードが少なそうな相場でも勝率が高い相場ってありますよね?そういう場所を見逃すのはもったいないと思います。つまり、私の場合は「利益率決済」です。元金に対して10%でも30%でも「おかしい」と思えば決済します。

 

また、負けるのってやっぱり嫌じゃないですか…「期待値がプラスなのでその負けトレードも資金を増やすトレードなんですよ!」と言われてもやっぱり嫌です。機械じゃないんで、同じトレードができると思いません。

 

もし期待値を追いかけたいならEAや投資信託などの手堅い投資に回したほうが確実だと思います

 

ここまで読んだあなたは恐らく……「勝率の高いところってどこやねん!」って思っているかもしれませんが、私のトレード動画を見ていただけるとわかっていただけると思います。

トレード動画詳細はこちら

まさじろー式 資金管理法まとめ

  1. 手出し資金(初期投資資金)を少なくする
  2. ハイレバレッジで運用する
  3. 勝率を重視する

 

次の記事では、私が勝てるようになった経緯などについて書きたいと思います。