関連記事:

まさじろーが考える2通りの資金管理法とは?

1.元金を多くして低ロット運用(低レバレッジ運用)

多くの方がこちらの資金管理法を採用しているのではないでしょうか?

 

低レバレッジ運用とは…元金を10万円、30万円、100万円と用意して、その元金に対して1~5%程度のリスクを取り、トレードする方法。

 

こちらは、元金に対するリスクが少なくでき、1回の負け額が少ないというメリットはありますが…

  • 資金が増えていかない、時間がかかる
  • 目標金額までトレード回数を要す
  • ストップを入れておかないとすべてパーになる可能性がある

などのデメリットがあります。

2.元金を少なく高ロット運用(ハイレバレッジ運用)

ハイレバレッジ運用とは…元金を数千円~数万円にして、その元金に対して50~100%のリスクを取り、トレードする方法。

 

こちらは、負けると一気に元金が減るデメリットがありますが…

  • 勝てば資金が一気に増える
  • 目標金額までトレード回数が少なくて済む
  • 数千円~数万円の余剰金(元金を少なくする)ため、例え元金が0円になったとしても、自分の貯蓄額に影響しない
  • 負け額をコントロールできる
  • 何度もやり直せる
  • 実はリスクが少ない

などのメリットがあります。

 

毎月5000円だけしかFX口座に入れないと決めてしまえば、例え元金が0円になったとしてもその月の負け額は5000円です。そういった意味で負け額をコントロールできますし、またやり直せます。

 

一方、頑張って貯めた100万円を口座に投入して無くなってしまえば、再度参入は難しくなるでしょう。

 

またハイレバレッジ運用の方がリスクは少ないです。下の表をご覧ください。

  • 左が元金100万円をリスク2%、リスクリワード2で運用した場合
  • 右が元金1万円をリスク50%、リスクリワード2で運用した場合

です。

 

左の方は18連勝しないと利益率100%にはなりませんが、右はたった1回で利益率100%になります。つまり、初めに投資した元金を引き出しリスクゼロにするためには、左は18連勝する必要がありますが、右はたった1回でリスクゼロにすることができます。

 

こういった意味でハイレバレッジ運用の方がリスクは少ないと言えます。何度もこのブログでお伝えしていますが、私はハイレバレッジ運用を採用しています。

 

ちなみに口座はXMです。レバレッジは888倍。

 

国内口座でUSDJPYを1万通貨購入しようとすると45000円ほど必要ですが、XMの場合には、1250円ほどで購入できます。

 

このブログ経由でXM口座を新規開設してくれた方、追加口座を開設してくれた方には、私のトレード動画をプレゼントしています。

 

私がハイレバレッジ運用でどのように資金を増やしたのかを参考にしてみてください。

トレード動画の受け取り方はこちら

 

 

関連記事: