質問いただきました。

ありがたいことに私のブログの読者様より質問をいただきました。

 

質問内容は、「エントリーするときに何を意識しているのか?」ということ。

 

この記事はその回答になります。非常に重要な記事なのでお時間があれば最後までご覧ください(^^)/

考えれば考えるだけ意識ポイントは無数にある

エントリーするときに意識するポイント…ここでは「意識ポイント」としますが、そのポイントは考えれば考えるだけ無数に存在すると思われます。

 

人によっては…

  • インジケーターの数値や形
  • チャートの形状
  • ローソク足
  • ファンダメンタルズ的要因
  • 価格
  • 誰かのシグナル配信
  • 月の形?(満月とかwww)…などなど

人それぞれですが、私の場合は意識しているのは4つあります。

私がエントリーするときに意識することは?

私の意識ポイントは…

  1. チャートの形状
  2. 通貨の強弱
  3. 勢い
  4. 負けているトレーダー、初心者トレーダーが入ってきそうなポイント

の4つです。

 

特に「負けているトレーダー、初心者トレーダーが入ってきそうなポイント」を意識しています。

こんなことって良くありませんか?

例えば、ダウ理論でトレンドを判断していたとして、買いエントリーを入れようと考えていた相場です。

緑〇のところで押し目が付いたと判断できたので買いエントリーをしました。しかし…

押し目と考えていたところを下に抜けしてしまったので「トレンド転換だ!」と考え急いで売りエントリー。しかし…

売りエントリーしましたが、その後ドーンと上昇を見せて、結局緑〇のところが真の安値(押し目)だった。

 

ってなことって良くありませんか?

 

これはダマしと言われます。

 

しかも過去相場で見るとこのダマしも綺麗なチャートの形状をしているように見えます。

 

こういう初心者や負けトレーダーが入ってきそうなポイントを意識して、それとは逆にエントリーしています。

 

逆に、例えルール上綺麗な形になっていたとしても「このトレードで自分が負けトレーダーになるのか?それとも勝ちトレーダーになるのか?」そういうことを意識して分析し、エントリーするかしないかを決めている感じです。今ついている

 

結構長くなったので次の記事では、すでにドーンと上昇している相場に出くわした場面。つまりド底から入れず「乗り遅れた場合の対処法」について、「2.通貨の強弱」と「3.勢い」を含めた内容をお伝えします。

【重要】乗り遅れた相場の判断と対処法