トレード履歴

【負け】2019年1月24日NZDUSD

日足は上がりそうだけど正直形が悪い。

 

とりあえず見つけたのでエントリーしました。

各足をチャートで確認

日足

昨日の上昇を見て、今日も上昇すると考えロングエントリーを狙っていました。

 

エントリーしたのは1時間足。

1時間足

自分が思っていたラインをした抜けしたのでルール通りに損切りしました。

 

損失:179,875円(損失率:35.1%)

総資金:511,112円→331,237円

損切り貧乏になっても全然良い

「損切り貧乏」とは読んで字のごとく「損切り」ばかりをして損が拡大をし、結局、貧乏になっていくことを指します。

 

巷では「損切り貧乏に注意して」という意見が多数見受けられますが、私は良いと思っています。

 

優位性を見つけエントリーしているので、違うと思ったら切らなければなりません。

 

切らずに放置していれば資金を全て失うだけでなく、乗り換えて獲得できていた利益すらも失うことになります。

 

つまり「自分の資金+チャンス」も失うということです。

 

また私が行っている「少額資金+ハイレバレッジトレード」は少ない資金でも大勝できるメリットがあります。

 

何度か損失が続いたとしても1回のトレードで取り返すことが出来る可能性があります。

 

この3つのトレードが良い例です。